日本交通への転職を検討しよう【入社後のサポート体制も万全!】

MENU

多様化する職場の選び方

保育士

働きやすい職場探し

待機児童問題が各地で深刻化し、保育園の充実が課題となっている中、保育士の採用の動きも加速化しており、保育園や保育関連機関で保育士採用の争奪戦も始まっています。売り手市場にあるため、有利な条件やより働きやすい環境で働けるチャンスが整っています。もっとも、人材不足で負担が重くなる職場も中にはあり、待遇面も求人ごとに差があります。ご自身が希望する働き方や待遇が受けられるよう、丁寧な求人探しが大切になります。市立や町立など公立の保育園の場合には福利厚生なども充実しており、無用な残業も少ないのが一般的です。これに対して、今増えている認可保育園や認可外の場合には開園時間や曜日も異なり、中には土日対応、24時間対応のところもあるので、シフト勤務や夜勤の可能性もあります。一方、開園時間が長いからこそパートタイムの保育士や、希望の曜日や時間を選んで働けるスタイルのところもあるので、家庭との両立をしながらや、家計を助ける程度に働きたいと考えている方、夜勤を中心にして収入を高めたいといった方には働きやすい求人もあります。近年、人気を高めている保育士採用としては社内保育園や院内保育園など、企業や病院が職員のために開設している保育園や商業施設内の託児所などがあります。利用する方が限定されていたり、企業内や医療機関内、商業施設内の公共の場やキレイな場所で安心して仕事ができ、中には企業の職員としての採用も期待できるため、待遇面や福利厚生の充実も期待できます。