日本交通への転職を検討しよう【入社後のサポート体制も万全!】

MENU

働き方に多様な選択肢

保育士

公立と私立で異なる条件

全国的に、保育士の不足が続いています。それにともなって、各募集先が採用活動を活発化しているため、働き先が多い職種といえます。保育士の採用の豆知識として、公立と私立の園が存在することが挙げられます。保育園は、私立で個人運営のケースが大部分を占めます。しかし、一部の地域においては、市で運営している園があります。この場合、公務員という位置づけになるため、公務員試験を受ける必要があります。そのメリットは、労働環境が安定している点です。一方、私立の保育園では、正規職員の補佐を行う、パート採用の保育士に需要があります。私立の保育園は、就労する保護者のニーズに対応すべく、開園時間が長い特徴があります。そのため、シフト制に対応できる短時間勤務者を求めます。これは、家事や育児の空き時間を利用して働きたい人にとって最適な条件といえます。また、園によっては、夜間の人員に限定した採用を展開しています。近年では、保育園から認定こども園に運営形態を変更するケースが増えています。認定こども園で働くの場合は、保育士に幼稚園教諭の資格も必要になります。さらに、学童保育や放課後デイサービス事業においても、保育士を求めています。これらの勤務先は、午後から夕方の時間帯で仕事をこなします。この場合、おもに小学生の健全な生活のサポートが中心の勤務内容です。子供相手に体力を要する場面が多いため、男性保育士の採用を進めています。